かなた

果てしないもの

届かぬもの

それに気づいたとき

それに守られていることに気づく

 

手に入れられない

そうでなければ意味はない

 

そんな大きな存在

それでいい

0

雲海

うっすらとした 海の雲

鴉の黒さも 一つの点のように
鴉の声も 一つの言の葉のように

雲海はひろがる

澄みわたる背景に
溶けていく

0